マイオセラピーのご紹介

マイオセラピーとは、痛みや神経障害の根本原因となる筋肉のコリを、専用のバイブレーターを用いて身体の奥深くから緩め、血液循環を良くすることで、全身の機能を回復させる最新の物理療法です。

「コリ」をゆるめる方法

「コリ」をゆるめる方法

マイオセラピーでは、どのようにして神経の故障を修復するのでしょうか。

神経は、血液さえ十分に行きわたれば、自ら修復・再生していきます。
しかし、長年にわたって神経の周辺の筋肉や軟部組織が硬く凝り固まり、神経への血流が不足すると、神経は正常に働かなくなります。
私たちはここに着眼し、固まってなかなか緩まなくなってしまった筋肉のコリをとっていくことで、血液循環を改善し、神経の修復をうながしていく方法を、長年かけて磨きあげてきました。

●施術箇所

マイオセラピーでは、背骨の周りを集中的にゆるめていきます。
全身の神経は背骨から体全体に伸びているので、背骨の周りの組織をゆるめれば、その周辺の血流が改善して、次第に神経全体が回復していくからです。
逆に、背骨まわりを緩めず、手足などの痛いところや肩など凝っている部分を直接ゆるめて血液循環を促しても、一時的な効果しかないことがほとんどです。

そして、背中の筋肉の中でも、身体の奥深いところにある「深層筋」をゆるめることができるのがマイオセラピーの最大の特徴です。
手によるマッサージや体操では、この「深層筋」はなかなかゆるみません。それでは、いつまで経っても症状が根本的には改善しません。
皮膚に近いところにある表層筋をゆるめても、深層筋がゆるまないと、根本解決にはならず、症状は必ず再発してきます。

●施術方法

では、どうやって背中の深部の筋肉をゆるめるのでしょうか。

筋肉は、低周波数の振動を与えることでゆるむという性質をもっています。
マイオセラピーでは特殊なバイブレータ(MyoVib®、 商標登録第 4572571 号)を用います。低周波数の振動を、身体の奥まできっちり届けることがポイントになります。

この道具を開発したことで、これまでの手によるマッサージや体操では消えなかった硬い筋肉のコリを、完全に消し去ることができるようになりました。

●治療期間

もちろん、コリ固まった深部の組織をゆるめていくことは、そう短期間でできることではありません。
捻挫やギックリ腰などのケガの急性的な痛みをとることは1回15分程度の施術で可能ですが、慢性的な不調を抱える方の場合は、半年~3年以上かかることもあります。
ただし、治療は1-2か月に一回で十分です。

じっくりと、身体を根本的によくしたい方に受けていただきたいセラピーです。

 

→マイオセラピーとは④: 症例の紹介
→「マイオセラピーとは」に戻る

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加